’18年3月のツーリング


さぁ、お待ちかねの2018年パワーズツーリング!折しも、ピョンチャンパラリンピックの閉会日、早咲きの河津桜は終焉を迎え、待望のソメイヨシノは開花宣言したばかりのただの枝という、実に中途半端なタイミングでスタートを切って参ります。そんな状況をものともしない勇気ある参加者は7名。初回だというのにこの見所の少なさは、一周回ってすっきりです!そのせいか道路も空いてます!



どこにも力が入っていないメンバーをご紹介!
左からDR氏。今日はGSX-1100Rで来るつもりが、朝からトラブルでやむを得なくDR250で参加。DRは寒いのでオーバーパンツが欠かせません。その隣、ゆる〜い表情のパワーズ社長はスクーターRV200で参加。想像よりは良く走るが、車を抜くには平地で200メートルの助走が必要。そして、革ツナギフル装備のR1氏。全員を遠く置き去りにして疾風のごとく消えてゆきます。その横はパワーズM田。今年スピードトリプルからSV650に乗り換えてナラシが終わったばかり。見栄より実を取った軽快な走りは侮れません。そしてカジュアルスタイルのMT-09トレーサー氏。ライディングスクールでスキルアップに余念のない紳士。ロングツーリストです。最後は、端っこに可愛らしく腰掛けるバーグマン氏。

彼は今日、奥方様より「伊豆名産みかんの焼酎を購入せよ!」という指令を背負っており、ここから別行動となります。単身R135で東伊豆を南下しながら要所要所のみやげ物やでターゲットを探すという過酷なミッション。道々ブツに出会えなければ下田まで行く覚悟。決して手ぶらで帰ってはイケナイ。


そんなバーグマン氏の健闘を祈りながら、我々6名が向かうのは東伊豆片瀬白田。どこソレ?な地名は熱川のちょっと先。以前よりパワーズ社長がお一人様で美味しい刺身定食を食べているお店。



箱根新道から十国峠、280円お得な往復チケットで伊豆スカイライン全線を走り、天城高原から大室山の脇をすり抜けR135へ。春の風吹く海岸線を20分ほど南下すると、そこはもう伊豆急行線片瀬白田駅です。駅近く、道のどん詰まりにある喫茶店風のかわいらしいお店が今日の目的地「美ずき」さん。



落ち着いた個室の窓からは、青い海と空が見えます。伊豆大島もすぐそこに望めるグッドロケーション。



刺身定食2,200円(税込)
アジはプリプリ
サザエはコリコリ
甘エビはモチモチ
グラタンはホ・タ・テ
ボリュームたっぷりなので
茶碗蒸しは食べきれないかもぉ〜
と思ったら、とてもダシがきいてて
ペロっと食べちゃったーん。

イラッときましたか?
他人の食レポは旨そうであるほどムカつきます。
なに?文面がムカつく?
いえいえ、あなたも行って食べたなら同じことを仰るはずです。


お店から少し歩けば海辺です。心地よい春風が潮の香りと花粉を運び、鼻の穴がこそばゆい小春日和と満腹感。


至福の時は人々をドミノ懺悔に導きます。人々「私の罪をおゆるしください。」R1氏「赦します。」





シャバを夢見るアルカトラズの囚人
のように見える人たち。
本当のところは野鳥観察。
彼らが観察しているのは
チドリ目カモメ科ウミネコ
学名:ラルスクラッシロストゥリス

我々日本人には身近な海鳥だが、
実はアジア極東部にしか生息しない、
世界的には珍しいカモメの類である。
ミャーと鳴くことからこの名が付いた。

花がないならウミネコを見ればいいのよ!
ツーリングの見所はメンバー自らが作っていく。
しかも強引に学術的なパワーズツーリング!



しかし、西湘バイパス橘パーキングまで戻ったメンバーは、やはりどこにも力が入っていない。


それでも敢行される小アクション付き集合写真は学術的とは程遠い。



何はともあれ、今日は全行程で道路が空いており、大変走りやすくて良かったです。
SV650のパワーズM田はのびのびコーナリングしておりましたし、上り坂では時速50キロマックスのパワーズ社長も「全然疲れなーい。」と上機嫌。トレーサー氏は走行中に足がつり、激痛と戦いながらも紳士的な走り。排気量差だけでDR氏を置き去りにして片口笑いを浮かべていた筆者を、今度はR1氏がすっきり置き去りにして見えなくなるという、自由闊達なツーリング。あ〜楽しかった!

次回は4月15日(日)です!行き先に見所がなくてもまったく問題ないパワーズツーリング。
問題ないことが問題なのかもしれないけど、多数のご参加をお待ち申し上げております!








<追伸>
道中、どれとは言えないバイクに、何とは言えない非常に大切なものが欠落していることが発覚。あまりに自然だったので本人もまったく気付きませんでした。30年以上続くパワーズツーリング史上前代未聞の事態でありますが、ここまで来てしまった以上、今更どうすることもできません。顔は笑っていても心の中は不安で一杯。発覚後は安全運転第一で無事に帰宅しました。いやぁビックリしました。


例えばですが、ナンバープレートがないような状態で走行すると、道路運送車両法第11条により番号標表示義務違反として2点減点で刑事罰が下されます。しかしこの場合、それが故意でなかったのは間違いありません。


<追伸の追伸>
国府津で別れたバーグマン氏はどこまで行ったのでしょう?伊東あたりで「みかんの焼酎」は手に入ったのでしょうか?
例えばですが、そのみかんの焼酎はネットショッピングでもお取り寄せできます。しかしこの場合、妻への愛が彼を走らせたのは間違いありません。