’16年7月のツーリング



3月以来お天気に恵まれなかった
2016年ツーリングですが、
ようやくの開催です。

曇り空は猛暑より歓迎ですが、
3連休の中日で渋滞必至。
初参加のスカイウェイブ氏を迎えて、
行ってみましょー。






集合早々1100R氏から衝撃の告白。
このヨシムラマフラーは
実はステッカーチューン。

でもこのステッカー、
一枚1000円もする。
そんなに高価なステッカーなら
5馬力は上がってますから
大丈夫です!






今年最初のツーリングですからいつものコースで穏便に。
箱根新道、十国峠、熱海峠から伊豆スカイラインへ入って参ります。



ところが、箱根新道中腹以上は濃霧。
肌寒い気温は有難いのですが、
十国峠では視界5メートルになり、
伊豆スカ熱海峠料金所でもこの有様。

そこで、急きょコース変更。
伊豆スカへは入らず、県道11号で函南、
さらにR136で修善寺へ下ります。







霧から逃れはしたもののR136は所々渋滞。みなさん淡々と、紳士的に走っております。
そんな中、筆者のバイクは水温計常時105度。
容赦なくファンが回り、カウルの隙間から熱風を吐き出します。
信号待ちでGSX1100R君が隣に停まると、一帯の気温があからさまに上昇し、
悟りの境地へ続く苦行の世界を一緒に味わえます。


途中コンビニで水分補給。

ここから西伊豆の海へ出て
美味しい海鮮をいただきたいという
希望もありましたが、
そこには淡島マリンパークや
三津シーパラダイスがあり、
激しい渋滞が予想されるため
これを却下するという脆弱ぶり。

もっとも、もっぱら反対して
早く山へ上がりたがったのは


他でもない私です。今、冷房の部屋でこれを書きながら深く反省しております。
汗だくでも海鮮にありついた方が、ツーレポネタとして優れていたと言わざるを得ません。
ごめんなさーい。



オッケーグーグルのパワーズ社長は
その後のコース確認に余念がありません。
近年スマホの利便性に目覚め、
やおら液晶に向かって話しかけております。

ぱっと見、
お友だちのいない子みたいに見えますが、
そんなことはありません。
毎週のようにゴルフで遊んでくれる
お友だちがおいでです。





修善寺から県道12号へと入り、
緩やかな峠道で冷川。
冷川で伊豆スカイラインに入りました。

お昼ご飯は「ぷくぷく」さん。

エアコンの効いた涼しい座敷で
冷たいお蕎麦をいただきます。

生き返るぜー。





生き返った勢いのままに
ぷくぷくさん駐車場にて
集合写真です。

あっら、カワイイ。











撮影係りの筆者は単独で。

ブーツがガムテープ仕様です。
バイクからの熱風によって
底のボンドがはがれました。
ほとんどスリッパ状態になりました。
夏のフルカウル、
ボンドも溶けます。






冷川から熱海峠までは交通量も少なく快適な道のりでした。
水を得た魚の如く走り去ってゆくあなたたち。
水分を多く含んだ冷たい空気が、心地よく後方へ流れていきます。



熱海峠料金所で全員合流。
ここまでは視界も良好。
しかし、この先十国峠は
依然霧が立ち込めたままでした。

次の合流地点は
西湘バイパス橘パーキング。

箱根新道の途中から
霧が晴れて気温が上がります。





再び橘で全員合流。
初参加のスカイウェイブ氏はどっと疲れたご様子。
今夜はきっと泥のように眠れることかと存じます。

橘パーキングのポールちゃんにすり寄って、本日のツーリングを〆させていただきます。
次回はやはり海鮮ですよね?海鮮、承りました。




次の開催は9月18日(第三日曜日)。あろうことか、また3連休の中日ですが、
海鮮の下調べに邁進して参ります。多数の皆様のご参加をお待ち申し上げております!



P.S.
橘で解散後、灼熱のエンジンを股間に抱えて渋滞と戦う国道1号線。パワーズにたどり着く頃には苦行の果てに悟りが半開き。
しかしここからはパワーズ社長のW1 (1971年式) タンデムで帰宅。旧車ゆえ、もう発熱などしない涼しいバイク。のみならず、
お尻がかゆくなる振動は血行を促進し、疲労回復、滋養強壮、肉体疲労時の栄養補給に最適と、旧車の真理を会得するに
至りました。これも苦行の賜物にございます。

P.P.S.
しかし、風呂に入る頃には正気に戻り、悟りの半開きではなく、脳ミソの半壊れだったことに気付きました。

気付けてよかったぁ。