’10年3月のツーリング風景!

2010年も、ワンパターンで発進する気満々だったパワーズ月例ツーリング。
春の嵐に出ばなをくじかれてしまいました。
急速に発達しながら日本列島を北上した低気圧ってコレ、
春一番とか二番じゃないの?! と思っていたら「爆弾低気圧」とかいう、
とんでもないヤツだった。前日から強風だったので、
こんな日は誰も来ないんじゃないかと国府津まで行くと、
ダメ元でやって来た合計5名。





ご覧の通り海も大荒れ。風の音がお伝えできないのが残念です。

山へ上がると風が強いに違いないということで、今日は残念ながら国府津でUターン。
せめて美味い昼ご飯を食べて帰ろうと、強風の海沿いを避け、国道1号をたらたらと走る。
お目当ては茅ヶ崎、R134沿いの「快飛(かっとび)」さん。しらす屋さんらしい。



ちょうどお昼時だったので、たいそう混雑しておりました。
30分以上待ったでしょうか、ようやく席に着くと「不漁のため生シラスありません」
の断り書き・・・。そりゃそうだぁぁぁ。こんなに海が荒れてちゃあ、船は出ません。
ゆえに、生はありません。釜上げシラスも美味ですが、今度ナマ食べに来るぞ。
きっと来るぞ。





お刺身、天ぷら、しらす、どれもおいしゅうございました。
価格もリーズナブルで、ナマも含めて是非またリピートしたい。

赤信号で強風にあおられての立ゴケ対策として、
十分ウェイトも増えたので、帰りも安心です。


4月はお天気がよくなりますように。
皆さんのご参加、お待ちしとります。




’10年4月のツーリング風景!

前日の17日には観測史上1位タイ記録、41年ぶりの遅い雪にみまわれた関東地方。
当然、箱根辺りは雪が残っているのではという懸念を抱えながらの当日、
思った通り5人だけしかいなーい。
じゃ、少人数制で恐る恐る出かけましょう。



ルートはいつもの通り、西湘バイパスを早川で降り、R135で熱海から
伊豆スカイライン玄岳へと上がります。前日の天気のせいか車の数も少なめで、
比較的空いている道路に人数の少ないこともあいまって、短時間で玄岳料金所へ到着。
思いの他路面状況も良く、雪などほとんど残っていませんでした。ラッキー!



伊豆スカイラインに入るってしばらくすると、小気味良く他の車を抜いて行く
アウディさんが現れました。なんとなく後ろに付いて行くと、彼は加速し始めたのです。
ボクが追いすがると、尚も速度を上げ、どうやら一定距離を詰めさせないつもりらしい。
「ふっ。オレに火をつけちまったな。」ヘルメットの中で片口笑いを浮かべたボクは、
675のアクセルを絞りました。 が、アウディさんは速かった。彼の4つのタイヤは
音も立てずにコーナリングして、何コーナーか抜けると遂に見えなくなりました。
ところが、「ホント、ナマ言ってスミマセンでした。」と、反省しながらコーナーを立ち
上がったときです。あからさまに速度を落として、彼は、ボクが追いつくのを待っていたぁ。
もちろん喜んでアウディさんのオモチャになったボクでしたが、お昼ごはんの「ぷくぷく」
さんに到着する頃お許しをいただきました。



ご飯の後は亀石に止まらずに帰りましたが、亀石はバイクでいっぱいでした。
とても寒かった今年の春にも、ようやくバイクシーズンが訪れた感じですね。

箱根新道の下りは、凍結防止剤が撒かれたようで、路面が真っ白。
実際滑りはしなかったものの、精神衛生上よろしくないです。
ボクは相当びびってましたが、他の皆さんはあまり関係なかったようで・・・。



少人数とは、2時に箱根新道下に到着するということです。
いつもより1時間以上早い。3時前に大磯を通過すれば渋滞にあわないので、
とっとと解散となりました。

次回は6月。雨が心配な月ですが、お天気が良ければ皆さんどうぞご参加ください。
お待ちしてまーす。




’10年6月のツーリング風景!

5月は月例ツーリングはお休みだったので、一月振り。
しかし毎年のことながら、6月は雨に阻まれるシーズン。
この日も例外なく、怪しげな空でした。
ご覧の通り、国府津パーキングにもライダーはまばら。
参加人数も少なめです。



この時はまだ持ち応えそうな空具合だったので、
とりあえずR135でいつものコースへと走り出しました。
が、真鶴あたりで早々に雨。
早川まで引き返すハメになってしまいました。

出鼻をくじかれて皆さん心が折れたようで、
早川のコンビニでツーリングの続行を検討していると、
「もう今日は帰ろうか」との案も出る中、パワーズT橋が反論。

彼はツーリングを続行したかった。
なぜなら・・・
パワーズでは、当番制で二人ずつ交代でツーリングに行ます。
残りは店を開けている。この日はツーリング参加予定だったM田が
仕事が詰まっていたために、T橋一人の参加となりました。
そんな中、昼に店に戻ろうものなら、そのまま仕事をさせられるのは明白です。

優しいU田ちゃんの、「足柄峠はなかなか面白いよ。」という提案に、
大喜びでルートを変更し、ツーリングは続行。
国道1号で小田原、県道74で大雄山方面へ。

ちょうど天雲から逃れる方向で良い選択でした。
降られることなく足柄峠を走り抜け、御殿場に到着です。

東名御殿場インターチェンジそばの「なかう」さんで、お昼ご飯にしました。




給油したり写真を撮っているうちに、遠くの空が暗くなってきました。
ほどなくパラパラと降り出したので、急いで出発。

東名高速にのり、天雲を置き去りにして横浜インターチェンジに到着です。



上手に雨をかわして、それ程濡れることなく走っちゃいましたね。
でもこの日は気温も湿度も高かったので、本気モードスタイルだったR1くんは、
終日革ツナギ着用を、後悔していました。
蒸し暑かったですね。お疲れ様。

T橋の野望が地味に貫き通された、大変少人数のツーリングでございました。

7月はお天気に恵まれると信じております。
だって、7月はわたくし、ツーリングに参加できる月。
多数のご参加をお待ちしておりま〜す。




’10年7月のツーリング風景!

 猛暑。気温32度。路面温度は55度(多分)。
 スポーツモデルバイクの水温計はエンジン
 始動から5分で100度を超え、ファンが回る。
 冷却ファンが排出するのは、エンジンの熱と、
 ライダーの正気である。
 西湘バイパス国府津パーキングに到着した頃、
 私の「正気」は、ほとんど残っていなかった。
 それは他のみなさんも同じで、息も絶え絶え。
 へへへ。



さて、今日はどのルートをツーリングしましょうかと相談。
プランA:一刻も早く標高(=涼)を得るために、ターンパイクを登るルート。
プランB:「熱海の走り湯」。これは短い洞窟の中に、70度のお湯が一日7000トン
湧き出す天然サウナみたいな所。コレを体験すれば、外気温32度なんてチョロイ。
しかし「何の苦行だよっ!」ってことで、プランBは却下。(当然か。)



ターンパイクを登り、十国峠、熱海峠から伊豆スカイラインへ。
山へ上がると若干空気が爽やかでした。
伊豆スカイライン冷川手前の「ぷくぷく」さんでお昼。
ああ、エアコンってステキだぁ〜。



                    それって、明らかに二人前ですよね?





 亀石パーキングには、
 私が言うのもなんですが、
 この暑いのにたくさんのライダーが
 いらっしゃいました。
 最近特に、安全運転が叫ばれる伊豆スカ。
 「バイク通行禁止」にならないよう、
 どんなに暑さでぼうっとなっても、
 安全に気を配って走りたいですね。






さあ、写真撮りますよ!         でも、これが限界らしい。
もっと笑って!





箱根新道を下ると、途中で、明らかに気温が高くなるポイントがあります。
ヒートアイランドの熱層の中に突入する瞬間です。
今日も一日、よく頑張りました。
いったい楽しいツーリングなのか、暑さと戦う我慢大会なのか、
温暖化の昨今、7月のツーリングは後者に匹敵すると確信しております。



最近若いお客さんが増えない。若者のバイク車離れを肌で感じるバイク屋です。
野蛮な大型バイクで遊ぶのは大人だけ?
そうなると、働き盛りで家庭も仕事も体も大変なの。ね。

8月はツーリングはお休みですが、
9月にはぜひ、さわやかな秋晴れの下で大勢の皆さんとお会いしたい!
かように存じます。その上つかまつる候。




’10年9月のツーリング風景!

3連休で道路は大変な混雑。国府津パーキングまでの道のりも一苦労でした。
と、いう言い訳の元にパワーズT橋遅刻。(スミマセン)




 R1くんも遅れて国府津に到着しパーキング内を一周しましたが、
 なぜかメンバーを発見できずに通過。
 ← こんなになってたのに?目立たなかった?
 次回からは、もっと目立ったパフォーマンスを展開しないと
 ダメなんじゃない? 歌うとか踊るとか。
 でも、それはそれで、恥ずかしいからやっぱり素通りなの?R1くん!



さて、今日は混雑を考慮してルートは追々決めようってことで、とりあえず道の駅「箱根峠」まで行くことに。
そこでめでたくR1くん合流。


 ところが、今度はスポーツスターのU川くんが来ない。
 彼は途中でサイドカバー脱落のアクシデントに見舞われていた。
 車に踏まれる前に無事回収できて良かったね。
 いやぁ、びっくりしました。







ここからは、三島へ下りR136で韮山。富士見パークウェイを経て伊豆スカへ上がることにしました。
富士見パークウェイは道幅は細めですが変化に富んだ楽しめるワインディング。
今日はスポーツスターが3台もいたので、バンク角の浅さを見せ付けながらのバトルが展開。
一見”たおやか”だが実はとても熱いこのバトルこそが、スポーツアメリカンの醍醐味なんでしょ?
ねっそうなんでしょ?


 秋晴れのツーリング日和。
 「ぷくぷく」さんで美味しいお蕎麦をいただいて、
 亀石パーキングへ移動。

 この日はビュエル・ファイヤーボルト、アプリリアRSV4ファク
 トリー、ドゥカティ749Sモノポストなど魅力的なモデルが参加。
 ちょっと乗ってみたいけど買うのには勇気が要るモデルなので
 必然的に試乗大会と化します。






 どれも期待を裏切らない楽しさ満載のバイクです。
 ただ、RSV4は、超ピーキーなエンジン特性で上手に
 対話するのが難しいらしい。
 元々アプリリアさんが頑張って作るモデルは、日本語が通じない。
 そのモデルを習得するなら、まずはイタリアの心意気を学ぶ必要が
 あるのかしらと、常々そう思ふ。





実は、スポーツスターオーナーの彼は、腰痛を押しての参加でした。
亀石に着いた段階で、出掛けに投与した鎮痛剤座薬のカラータイマーが点滅していたので、
一足先に家路に着きました。急いで!早く!座薬効果が切れる前にお家に帰らないと、
スポーツスターのショートサスは、あなたの腰には厳しすぎるっ。

あまり有名ではないが、パワーズには裏クラブが存在します。
「倶楽部42」というそのクラブの入会資格は「腰痛(よーつー)持ち」であること。
ドーピングしてまでツーリングに参加してくれた彼の勇気を称え、ここに謹んで会員としてお迎えしたい。
名誉会員に迎えてもいいと、会長が申しております。

今回は久々に大勢のご参加をいただいちゃってウレシイ限りでございました。
できれば全員の方に倶楽部42への加入資格を差し上げたい!!




’10年10月のツーリング風景!

先月とは打って変わって道路も国府津パーキングも空いている日曜日。
参加者も5名とこぢんまり。



それならちゃっちゃか箱根に行っちゃえって箱根新道を登って行くと、
七曲り辺りでトレーラーの横転事故に遭遇。
こりゃ起こすのが大変そうです。

案の定、車も少なめで走りやすい伊豆スカイラインを抜け、
いつもの「ぷくぷく」さんでお昼をと思ったらお休み。
仕方なく冷え川インターで伊豆スカを降り、八幡市街で昼食をとることに。
道沿いのうなぎ屋さんで、ちょっと贅沢なお昼。



10月にしては暖かな日。
お腹もいっぱいなので亀石パーキングで食休みです。
いつになく空いてる亀石パーキング



パーキングでコーヒーっていうより、
縁側で渋茶だなコレ。↓



亀石を後にして、十国峠から箱根新道で帰る予定でしたが、
箱根新道は通行止め。往路で遭遇したトレーラーを、
重機で起こしている様子を想像すれば、通行止めにも納得です。
ルートをターンパイクに切り替えて、ノンストップで西湘バイパスへ。
橘パーキングで解散となりました。



お疲れ様でした。



’10年11
月のツーリング風景!

「本当に申し訳ございませんでした。」
「いえいえ、どうぞ表をお上げになって。」


     
     この写真を見て、こうフラずには
     いられませんでした。
     これはもちろん謝っているのではなく、
     「よっこいしょ」っと
     座るところですね。





思えば「高速道路無料化社会実験」とは、横浜方面から伊豆、箱根へ向かう
パワーズツーリングを丸ごと無料にしてくれるような、ステキな実験なのです。
おまけに伊豆スカも200円均一だからってことで、今日は箱根新道から十国峠、
伊豆スカ走破で伊豆高原。R135沿いにある川奈の太田水産さんで、
美味い刺身をいただくコース。

交通量も少なめで、スルスルとやって来た伊豆スカイライン入口、熱海峠料金所で休憩です。
ポカポカのツーリング日和ですネ。




あっという間に伊豆スカ終点、天城高原料金所で。



HPに載せるから仲良しな感じを醸し出せと要求して、醸し出されたのが下の写真です。
いかがでしょう?仲良しに見えますね?仲良しですっ!そうに決まってます。





川奈の太田水産さん。いつも混雑しているところへ座敷の一角を占拠してのお食事。
この時期、金目の刺身や煮付けが最高です。
小市民のわたくしには、大変幸せなランチでございました。





この日、ガソリン燃費に時代らしからぬ問題を抱えたバイクが1台。
某アプリリアSXV550は燃料タンク容量が8.4Lでリッター毎10キロそこそこしか走らない。
人の倍は給油が必要。ま、レーサーに保安部品付けちゃった!みたいなバイクですから、
そこはオーナーができたもんで、各給油ポイントはチェック済み。御見逸れしました。





R135を宇佐美から上り、再び伊豆スカイラインへ。
亀石パーキングで食後の缶コーヒーをいただきます。









だいぶダラダラと団欒して、帰路に着きました。
日が短くなりましたねぇ。箱根新道下の料金所に着く頃には、
すっかり日が落ちてしまいました。



2010年最後のツーリングだし、辺りも暗いので(って、なぜ後ろめたいのかわかりませんが)
集合写真には一芸ほどこしていただきました。



テーマは「仲良し」。
このままブロンズ像にして、箱根の森美術館に寄贈したくなるような作品です。
美術館からのオファーを受け付けております。どうぞ、ご遠慮なくお申し付けください。
かしこ。


2011年も3月の第3日曜日から、パワーズ月例ツーリング開始いたします。
今年ご参加くださった皆さん、有難うございました。
また来年もお待ちしておりま〜す。




********************************************************************

(番外編) 2010年お正月ツーリング


毎年恒例正月ツーリング。2010年も1月1日〜2日の一泊で西伊豆、
戸田へ行きました。目的はツーリングというよりむしろ宴会。以前は
大型バイクを連ねてのお出掛けが、近年は2日目が飲みすぎで辛い、
路面凍結が怖いなどの理由で、すっかり125ccスクーターに変わりました。軟弱です。

今年はスクーター5台、うち1台2ケツ。車3台の計10名の参加。お正月ですから、
11時とゆっくりめに早川のコンビニで集合。スクーター組は完全防寒体勢です。
正月に走るときは、ハンドルカバーがカッコ悪いなんて言ってる場合じゃありません。
むしろ大変ステキな必須アイテムです。




原付ルートは、R135から熱海、函南、修善寺、だるま山から戸田峠を経て、戸田へ。
途中函南で給油。着膨れてたせいかもしれませんが、あまり寒くはありませんでした。



しかしこの日は次第に風が強くなり、この先修善寺までの有料道路では、
バイクごとふっ飛ぶかと思うほどの、とんでもない強風。
それまでみんなに羨望視されていた風防がアダになり、真っ直ぐ走ることさえ難しい有様。
不思議なのは、こんなとき決まってくだらない発想が秒速で頭をよぎる。
「バイクごと舞い飛ぶのはちょっと楽しいかも。でも着地するときがイヤだな〜っ。骨は折れるナ。
腕ならいいけど足なら入院だな。ここらだと順天堂病院かなやっぱり。あ、温泉かな〜。」
我ながら呆れる。



山中に入ると風も治まり、無事に達磨山ドライブインに到着。今年も富士山が見事ですわ。


 毎年お世話になってる、戸田の民宿旅館P.D.フライ
 さんには5時前に到着。今夜のご馳走に備えて、お昼
 ご飯は当然軽くしてある。新鮮な刺身、マグロのカブト焼き、
 金目の煮付け、名物料理でテーブルが埋められ宴会スタート!
 今回は小さいお子様がいらっしゃいましたので、皆さん道徳的
 でしたが、パワーズM田だけがなぜかハイペースなままに
 正しい酔っ払いに。騒ぐわ、踊るわ、しつこいわで、コイツは
 絶対明日記憶喪失にちがいない、と全員が確信しながら
 正月の夜は更けてゆきました。






翌朝、朝ごはんも豪華でした。もちろんM田はコレを食べていません。



帰りは同ルートを戻ります。いつも達磨山ドライブインで朝のコーヒーを戴くのが習慣。
お天気も良く、スクーターが楽しい1日になりそうです。あ、ちなみにM田は、
この時バイクごと同行のハイエースに収納されてます。この日一日気絶したままでした。




函南で集合。道路の混雑も少なめだったので、原付二種と四輪車は結局移動速度が
変わりません。大した時差もなく全員集合です。ここで、お子様連れのご一行は、
すぐそばにある「動物ふれあい広場」へ、ゴルフの一行はショートコースでお振り初め。
他はご帰宅と、各々正月休みを満喫するため解散と相成りました。
あ、M田はハイエースの中で気絶してます。M田の2010年のカレンダーに、1月2日は
ありませんでした。




函南「酪農王国オラッチェ」で、動物と触れ合っちゃう愛娘。て、このカワイイのは
私の愛娘ではありませんが、とりあえず目にねじ込みたいですねぇ〜。

年々様相を変えながらも、20年以上続いているパワーズ正月ツーリングです。
いいを年して、125ccスクーター連ねて走るのはホント楽しいです!
この寒いのに、鼻垂らしながら走るのもオツです。きっと大勢のライダーがそうやって
正月にバイクに乗ったことでしょう。バイクっていいわぁ〜。
おっと、末筆ではありますが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。


********************************************************************



さらに過去のお遊び風景はこちら!

2009年11月 月例ツーリング

2009年10月 月例ツーリング

2009年9月 月例ツーリング

2009年7月 月例ツーリング

2009年4月 月例ツーリング

2009年3月 月例ツーリング

2009年1月 お正月ツーリング

2008年10月 月例ツーリング

2008年9月 月例ツーリング

2008年7月 月例ツーリング

2008年6月 月例ツーリング

2007年11月 茶道華道オフロー道

2007年9月 スズキ竜洋試乗会

2006年5月 原ちゃりツーリング

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分がオンナなのではないかと思っているアナタは、
   コチラもチェック!!